すべてのカテゴリ

+86 18731531256

[メールアドレス]

微粉炭バーナー

>製品>バーナーシステム>微粉炭バーナー

微粉炭バーナー

微粉炭バーナー


クイック詳細
説明

米国エネルギー省の特殊スピンフロー微粉炭バーナーの動作原理に従って、当社が製造する微粉炭バーナーは、工業炉(工業ボイラー)の実際の技術要件を改良したものです。製造コストが低く操作が便利なため、石油/ガスを使用しない燃料技術や、石油/ガスを石炭に置き換えるクリーンで環境に優しいプロジェクトに適用できます。特許を取得しております。

f1

f2

168352684188443

16835268418844

f5

1683526841884

1683526

16835268418

f9

特徴
1. 微粉炭バーナーの出口での燃料は均一に分配され、空気の分配は合理的でなければなりません。二次空気と一次空気の混合点は適切でなければならず、タイムリーな点火と強力な燃焼を保証する必要があります。
2. 良好な空力場を装備します。専用装置を調整して、一次空気と二次空気を最適な混合点で混合します。通常、一次空気は弱く回転しますが、二次空気の強い回転は専用構造によって生成されます。石炭の種類と運転条件に応じて、二次空気の一部が調整され、環状旋回風から環状非旋回風に変換され、炎の形状を調整するという目標を達成します。したがって、拡散燃焼であり、調整性能が優れています。異なる石炭の種類には、異なる調整モードが適用されます。
3. 安定した燃焼のための特殊な点火および燃焼チャネルは、火炎の形状を修正し、バーナーが独立して安定して燃焼できる主火炎を迅速に構築できるようにすることができます。
4. 拡散コーンの目的は、バーナーの出口の炎の拡散角度を調整することであり、安定化炎装置とも呼ばれます。異なる炎角度は、異なる等級の石炭によって決定され、炎の充満度の比例性を実現します。
5. 微粉炭はガス/微粉炭兼用バーナーとして設計できます。

組成
微粉炭燃焼システムは、貯蔵タンク、微粉炭計量・搬送システム、バーナーノズル、ファン、制御システムなどから構成されています。微粉炭は、微粉炭タンクから投入管を通って落下し、アークバルブを通過してスクリューフィーダーに入ります。微粉炭はスクリューフィーダーからフラッシングプレート流量計に送られます。流量はフラッシングプレート流量計で測定し、スクリューフィーダーの回転速度は実際に必要な流量に応じて調整し、正常な供給を実現します。流量計で測定された後、微粉炭はスクリュー空気圧移送ポンプで供給ボックスに送られ、フィーダーによって前方に押し出されます。微粉炭は混合室に送られ、ブロワー出口の空気によってガス化され、伝送パイプラインに送られて微粉炭バーナーに入り、炉内で混合・燃焼されます。

pic-1

pic-2

pic-3

pic-4

証明書

c1

c2

c3

メッセージを残す