すべてのカテゴリ

+86 18731531256

[メールアドレス]

スポジュメン酸性化キルン

>製品>原子炉加熱システム>スポジュメン酸性化キルン

スポジュメン酸性化キルン

スポジュメン酸性化キルン


簡単な詳細
説明

酸性化炉は供給排出システム、ロータリーキルンシステム、外部加熱システムから構成されており、濃硫酸による炭酸リチウムの製造に適しています。

焼成されたスポジュメンと濃硫酸は、比率に従ってロータリーキルンに送られます。ロータリーキルン前部は強制混合方式を採用し、固形原料と濃硫酸を均一に混合します。同時に、熱風炉によって生成された高温の排ガスがロータリーキルンの外壁上の混合材料を加熱し、この環境下で酸性化段階が完了します。ロータリーキルンの後半は加熱を停止し、材料は自然冷却されて窯から搬出されます。

仕様
指標データ
処理能力120000-300000トン/年
暖房モード間接加熱
反応温度<500℃
天然ガスの消費量≈20Nm³/t
プロダクションモード連続
メッセージを残す