すべてのカテゴリ

+86 18731531256

[メールで保護されています]

廃油残渣精製生産ライン

>製品>原子炉加熱システム>廃油残渣精製生産ライン

廃油残渣精製生産ライン

廃油残渣精製生産ライン


クイック詳細
説明

処理が困難な廃油残渣を350~380℃に加熱して酸素を遮断し、油を蒸発させます。ガス化後の油は凝縮・精製され、高品質な原料油となります。非凝縮性ガスは加熱ユニットに戻されて燃焼し、エネルギーを最大限に利用します。ガス化できない石油は乾燥されて、他の産業用の炭素残渣になります。

生産ラインは加熱ユニット、回転反応器ユニット、凝縮ユニットで構成されます。廃ガスや油質の無害化処理と資源化を実現します。

この生産ラインは、油スラッジの熱分解に適しています。土壌修復と油回収の目的を達成します。


仕様
指標データ
処理能力15t/ポット
精製油の生産量800-850kg/トン
カーボンブラックの生産量150~200kg/トン
天然ガスの消費120Nm³/トン
電力の消費量7.5kwh/t
制御モードPLC自動制御
生産モード周期性
メッセージを残す