すべてのカテゴリ

+86 18731531256

[メールアドレス]

焼結点火炉

>製品>工業炉>焼結点火炉

焼結点火炉

焼結点火炉


クイック詳細
説明

焼結工程のエネルギー消費は、鋼鉄1トン当たりの総合エネルギー消費量の約10%を占め、高炉製鉄に次いで2番目に大きい。焼結機の点火炉は、焼結生産における主なエネルギー消費設備であり、焼結機台車に分配された混合物の燃料に点火し、ファンの吸引力と組み合わせて、焼結工程を上から下へ進める役割を担っている。

焼結機点火炉の点火効果は、適切な点火温度の可用性に関係するだけでなく、焼結出力、品質指標、焼結プロセスのエネルギー消費レベルにも影響します。


当社が製造する高効率省エネ焼結点火炉の特徴:

1. 炉体の着火部と断熱部の包み込み具合とバーナーの合理的な配置により、火炎のオーバーフローがなく、高炉ガス消費量を38~48m3/t程度に抑えることができます。

2.バーナーは当社が独自に開発した新型省エネバーナーで、着火温度を確保しながら省エネ効果を実現し、着火温度は1100℃±50℃で安定して保たれます。

3. 耐火部は当社が独自に開発したキャスタブルを採用しており、耐熱衝撃安定性に優れ、耐用年数は一般的に3~5年に達します。炉上部構造部材をプレハブ化することで、現場での施工時間を短縮します。

焼結点火炉は、炉本体、バーナー、空気予熱器、ガス予熱器、ファンなどで構成されます。

仕様
指標データ
焼結機のサポート25t/時
燃料のタイプ高炉ガス(低位発熱量:750Kcal/Nm3)
ガス消費量140Nm3/t
制御モードPLC自動制御
生産モード連続
メッセージを残す